オレオレ詐欺

オレオレ詐欺のやり方最初の入金後編

更新日:

最初から何百万も騙し取っていると思われているかもしれませんが、郵送ではなく振込の場合は、1番初めの振込は100万円にします。



これは、キャッシュカードの振込限度額が100万円に設定されているからです(郵便局など50万円の場合もありますが)。

 

この最初の入金の後、またお金を騙し取るやり方を説明します。前回の記事はこちら。オレオレ詐欺のやり方入金編

 

最初の入金が確認できたら、すぐ電話をかけます。

 

 

詐欺師  もしもし、相手の人から連絡があって、なんか半分しか入ってないって言われたんだけど、ちゃんと200万円送ってくれた?

 

相手   え!?100万円じゃないの?

 

詐欺師  200万円って言ったじゃん。

 

相手   ごめん。100万円って聞こえたから100万円しか送ってないよ。

 

詐欺師  じゃあもう一回行ってきてくれる?相手の人には事情話して待ってもらうから。

 

相手   わかった。行ってくる。

 

 

最初の電話の100万円を『ボソボソ言う』としていたのは、この時のためです。本当にこれでイケるのかと思われるかもしれませんが、相手が聞き間違えたとちゃんと思ってくれます。ただ、最初の入金の確認の時に、はっきりと100万円と言ってしまっていた時は、このやり方は使いません。

 

この入金も確認できたら、また次の振込に行かせます。ただ1日ではこの振込2回までが時間的に限界なので、この日は、これで終わりにしてお礼の電話をかけます。そして、次の日の朝にまた電話をかけます。

 

 

詐欺師  もしもし、今日も病院行って点滴を打ってきたけど、だいぶ体は楽になった。

 

相手   良かった。無理しないようにね。

 

詐欺師  わかった。それでさ、昨日は気まずくて言い出せなかったんだけど、弁護士さんに支払うお金も、払えてなくて。

 

相手   弁護士費用?いくらなの。

 

詐欺師  着手金もまだ支払ってなかったから、成功報酬と合わせて100万円。

 

相手   そんなにかかるの?どこに振り込めばいいの。

 

詐欺師  〇〇銀行の△△支店、普通預金0000000。また明細書ほしいからキャッシュカードで送っといて。

 

相手   わかった。終わったら電話する。

 

 

もう昨日の時点で振り込んでいて信用があるので、基本的にはこの後は連絡を待つだけでこちらからは連絡しません。

 

この振込を確認できたらまた振込に行かせますが、ここまでバレずにきたら、もうどんな理由でもお金を振り込んでくれる状態です。無双です。

 

なのでここからはかなり雑になります。

 

理由としては、相手の人にお金を借りていた、投資に失敗した、などです。まだお金を持っていそうだと判断したら、100万円刻みではなくて一気に200とか300に上げてもOKです。

 

でもめんどくさがって額を上げると、その分相手にバレなくても行員に怪しまれることになるので注意が必要です。私は1回200万円にしていました。

 

オレオレ詐欺をしている詐欺師はバレるまでお金を振り込ませようとします。バレる時は、相手にお金の余裕がなくなってきた時、冷静になった時、家族に話をした時、行員に声をかけられた時がほとんどです。

 

バレたらすぐにその相手に伝えていた銀行口座が止まります。バレてから大体1時間位で使えなくなるので、それまでにお金を引き出す必要があります。

 

携帯電話番号も警察に伝わりますが、携帯電話は止まるまで1~2週間かかるので、関係なくそのまま使います。GPSや基地局なども特に気にする必要はありません。このソフトバンクのプリペイド携帯電話は、1週間ごとに交換して使っています。

 

警察もそのことがわかっているので、嫌がらせの電話をかなりしつこくかけてきます。最初の方は手動でやっていましたが、途中からは機械を使って自動で24時間かけてきていて、とても迷惑でした。着信拒否に登録できる数以上の番号でかけてくるんです。



-オレオレ詐欺

Copyright© 刑務所から出所した元詐欺師 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.